女の人

いぼの治療を行なうなら専門クリニックで診察を受けよう

  1. ホーム
  2. 症状に合った手術を行なう

症状に合った手術を行なう

ウーマン

身体の至るところにできるいぼは、目立つ箇所にあるととても気になってしまうことが多いでしょう。特に女性は男性に比べて見た目を気にする方が多いので、深刻に悩んでしまいがちになります。しかし、最近では美容外科クリニックや皮膚科でいぼの除去治療が多数行なわれていますので、気になる悩みをスッキリ解消することができるのです。いぼには、放っておいてもいいものとそうでないものがあり、悪性の場合だとどんどん症状が悪化してしまう可能性が高いため、早めにクリニックで治療を行なうことをおすすめします。一言でいぼの治療法といっても、その種類には様々なものがありますので、自分の症状に合った方法でケアしてもらうことが大事です。美容外科や皮膚科を受診して、自分の症状を確認してもらい、最適な治療法を提案してもらうといいでしょう。いぼの主な除去治療法としては、レーザーを使った治療、メスで直接取り除く方法、液体窒素を利用して除去する方法、内服薬でケアする方法の4つがあります。クリニックによって、取り扱っている治療法は異なりますので、まずはカウンセリングを受けてそれぞれの具体的な治療内容について説明してもらうといいでしょう。いぼを放っておくと、見た目が悪いだけでなく、身体にも様々な影響を及ぼす可能性があります。特に危険なのが、「ヒトパピローマウイルス」という細菌です。このウイルスは、免疫力が低下しているときに感染しやすく、場合によってはガンを発症する原因になるケースもあります。普通のいぼに見えても、このような大病を患う恐ろしいものである可能性もありますので、いぼはできるだけ早めに治療を行なっておいたほうがいいといえます。

いぼの主な治療法としては、前述でも紹介した通り、レーザー、切除手術、液体窒素、内服薬の4つです。レーザーはメラニン色素に反応して、いぼを取り除いてくれる治療法です。様々なタイプのいぼに適応することができ、傷跡も残りにくいのが大きなメリットです。また、ダウンタイムも少ないので、人に治療したことをバレたくないという場合にもおすすめです。そのほか、液体窒素は皮膚の細胞を死滅させることで、いぼを除去していく方法となります。根元部分からいぼを取り除くことができるので、綺麗にケアできるでしょう。しかし、この治療法は一回で完了させることは難しく、複数回通わなければならないことを頭に入れておきましょう。また、ウイルス性のいぼの場合は、内服薬を使って治療を行なう場合もあります。ウイルス性のいぼというのは、免疫力が低下しているときにできやすいので、内服薬で免疫力を高めることが目的となっています。内服薬には、主にハトムギに含まれるヨクイニンという成分が効果的です。それぞれの治療ごとでメリット・デメリットが違いますので、医師と相談してしっかりとした治療を施してもらいましょう。早めに治療を行なうことで、症状の悪化を防ぐことができます。重大な病気に発展してしまう前に、クリニックできちんと診察を受けることをおすすめします。いぼと言っても、様々な特徴を持ったものがありますので、まずは自分の症状を把握することから始めましょう。