女の人

いぼの治療を行なうなら専門クリニックで診察を受けよう

  1. ホーム
  2. 要注意箇所を知っておこう

要注意箇所を知っておこう

女性

いぼには、症状と原因によって出来やすい場所というものがあります。まず、「老人性いぼ」は顔から首にかけていぼができます。老人性いぼは基本的に良性のいぼとなり、必ずしも切除等の治療をしなくてはいけないという必要はありません。しかしながら、顔や首はどうしても人目につきやすい部分であるため、いぼができてしまうことによってコンプレックスを感じてしまう人は少なくありません。そのため、美容皮膚科でレーザー除去などを行って治療する人がよく居ます。より色んな場所にできるいぼとしては、やはりウイルス性いぼでしょう。ウイルス性いぼは種類が多く、様々な所にできてしまう可能性があります。ウイルス性いぼでよくできてしまう場所として真っ先に挙げられるのが、腕や足の関節部分です。関節は気付かずに擦ったり傷つけたりしてしまうことも多いため、知らず知らずのうちに傷口から感染して、いつの間にかウイルス性いぼができているといった例も少なくありません。合わせて多いのが、足にいぼができてしまうパターンです。足の中でも、関節と同様に擦りやすい踵はやはり多いです。靴擦れなどが原因で、かさぶただと思っていたらいぼになっていて、それが潰れていぼが増えてしまうといった例も少なくはありません。自宅で過ごしている時に素足で生活している人などは、足の傷からいぼができてしまう可能性が高くなってしまいます。日常生活でかかる圧力で足に負担がかかることは多く、足にできたいぼは中々に完治し辛いものです。こうした手足にできるいぼは尋常性疣贅といって、いぼの中でも発生頻度が非常に高いです。

また、様々な場所にできやすいいぼとしては伝染性軟属腫があります。伝染性軟属腫は水いぼとよばれるいぼで、広範囲に広がって発生しやすい面と、いぼが柔らかいために破けてウイルスが広がりやすいといった面から非常に厄介ないぼです。身体のどこにでもできるいぼで手、足は勿論のこと、胸元や顔、体全体にまでできることがあります。感染経路にプールでの感染が多いため、子供がよく感染しやすいですが、勿論大人でも抵抗力が落ちていると感染する危険性がありますので注意しましょう。また、大人の場合水いぼが陰部にできてしまう陰部伝染性軟属腫という性病となってしまうこともあります。このいぼは、細菌が感染することによって発症するもので、主に性行為が原因でできてしまいます。そのほかにも、洗っていないタオルやスポンジなどを長いこと使用したり、感染者とのスキンシップで発症したりと様々な媒体を通じてかかってしまうのです。放っておくと症状はどんどん悪化してしまいますので、病院で早めに治療を行なうことをおすすめします。早い段階で治療を行なうことができれば、症状の悪化が抑えられるほか、周囲の人に移す心配もなくなるでしょう。美容外科や皮膚科などを受診すると、液体窒素やレーザー治療などで綺麗に治してくれます。いぼは、このように身体の至るところにできる症状です。ウイルス性のものは放っておくとどんどん大きくなり、治療が困難になってしまう可能性が高いので、見つけたら早めにケアを行なうことが大事です。専門クリニックでは、適切な治療を行なうと共に、今後の予防ケアの仕方も指導してくれます。